エルベ河のフィレンツェを訪ねて ドイツ最古のクリスマスマーケット♪「ドレスデン編」

ドレスデン,ドイツ / Dec.2009

ベルリン-プラハの途中、ちょうど真ん中くらいにドレスデンという街があります。1434年以来、ドイツ最古の歴史を誇る、ドレスデンのクリスマスマーケットを観るためにこの時期の旅になりました。ドレスデンはかつて「百塔の都」とうたわれたそうです。第二次世界大戦の空襲で一夜にしてはかいされましたが、東西統一後再建がすすめられているそうです。

クリスマスマーケットでは、シュトレンというドライフルーツやソーセージ、クリスマス用品などを販売していました。クリスマスツリーも暖かな雰囲気があり、昔からこんな感じだったと思わせるようなディスプレイでとてもよかったです。さて!次は今回ラストのプラハです。また、列車に乗って2時間くらいです。

<<Prev. |旅日記の一覧Next>>

PAGE TOP