北欧デザインの旅「ヘルシンキ編」

ヘルシンキ,フィンランド / Dec.2006

ヘルシンキは巨匠建築家「アルバァ・アアルト」が生まれた国です。ヘルシンキの中心部にアアルトが40年間過ごした家があります。今回の「北欧デザインの旅」をしようとしたきっかけがアアルトを知ったことから始まりました。ぜひ!このような建築・家具を作った人の国に行ってみよう!(5年くらい前)そして、その家の前で写真を撮ろう! 観たときの感動!は今でもおもいだします。

旅も最後になりました。毎日10時間くらい北欧各都市を歩き 歩き 歩き 無我夢中でした。百聞は一見にしかずとはよく言ったものだなぁーとつくづく感じました。北欧の人々のライフスタイルを参考に自分のスタイルを考えながらシベリア上空をとんでいます。「落ちなきゃいいな!」オチです。

<<Prev. |旅日記の一覧Next>>

PAGE TOP