それぞれの素材感が生かされた空間に、ファブリックの表情が重なり合い、豊かな日々をもたらす住まいが誕生しました

リビングには、北欧ファブリック・boras cotton,2005年のコレクションよりIDUNをお選び頂きました。大きなオレンジ色の花柄がパイン材のフロアと相性抜群です
掃き出し窓は、フラットカーテンですっきりと納めました。柄の美しさも最大限に引き立ちます

ダイニングにも、ダブルシェードでIDUNを納めました
二階ホールと、吹き抜けのFIX窓には植物柄をあしらったレースで、”白”を楽しみました
プレーンシェードならではの、美しいヒダを見せてくれます
子供室には、boras cottonの mille Fioreという、摩訶不思議な模様がなんとも可愛らしいファブリックをプレーンシェードとヒダカーテンで仕上げました

関連する記事

  • E-HOUSEE-HOUSE 開放感のある吹抜けの窓にはバーチカルブラインドでさらに天井 […]
  • A-HOUSEA-HOUSE ナチュラルなご自宅にぴたっりなウッドブラインドをメインにコ […]
  • カーテンの選び方カーテンの選び方 場面としては、「新生活でアパート等に住む時」「結婚時の新居 […]
  • 創業10周年。創業10周年。 こんにちは。 今日で創業10周年になりました。まわり […]
  • 蔵の解体蔵の解体 昨日から蔵の解体工事がスタートしました。 解 […]
  • お店のコンセプトとは。お店のコンセプトとは。 コンセプト?。 辞典で調べると「概念」それから「観点や思 […]