それぞれの素材感が生かされた空間に、ファブリックの表情が重なり合い、豊かな日々をもたらす住まいが誕生しました

リビングには、北欧ファブリック・boras cotton,2005年のコレクションよりIDUNをお選び頂きました。大きなオレンジ色の花柄がパイン材のフロアと相性抜群です
掃き出し窓は、フラットカーテンですっきりと納めました。柄の美しさも最大限に引き立ちます

ダイニングにも、ダブルシェードでIDUNを納めました
二階ホールと、吹き抜けのFIX窓には植物柄をあしらったレースで、”白”を楽しみました
プレーンシェードならではの、美しいヒダを見せてくれます
子供室には、boras cottonの mille Fioreという、摩訶不思議な模様がなんとも可愛らしいファブリックをプレーンシェードとヒダカーテンで仕上げました

関連する記事

  • O-HOUSEO-HOUSE シンプルな中にもぬくもりあふれるO邸。随所にご夫婦のこだわ […]
  • K-HOUSEK-HOUSE 清楚な白と柔らかいアイボリーを基調にしたK邸は、そこに居る […]
  • K-HOUSEK-HOUSE 外観・内装ともに白!こだわりが感じられるお宅でした。 […]
  • I-HOUSEI-HOUSE ハンターダグラス社のセレネット・バーチカルズが、部屋に採り […]
  • O-HOUSEO-HOUSE マリメッコのUnikkoという生地です。一段と明るいお部屋 […]
  • S-HOUSES-HOUSE リビングのカーテン、シェードの色調と家具とのバランスが絶妙 […]